【ロマサガRS】トゥ・クアイとの戦い2024(ロマンシング&絆の記録)攻略。5ターンクリア編成

どうも、あおやんです。

今回はトゥ・クアイとの戦い2024(討伐ロマンシングと絆の記録)を攻略してきましたので、パーティ編成とか攻略メモとかいろいろ。

残ジュエル。今月来そうな気がするジョー待ちです
《記事内画像引用元:SQUARE ENIX「ロマンシングサガ リ・ユニバース」》
スポンサーリンク

BOSS:トゥ・クアイの特徴

6ターン目以降は攻撃1発につき防御強化が乗るので、多段ヒット攻撃が主流となっている現環境では不利でしかありません。てかほぼダメージ通らない。

なので5ターン以内にどうにかして決着を付ける必要があり、おそらく短期決戦を前提としてデザインされているボスかと。

毎ターン弱体解除を使われるので、今回デバフは特にいらない気もします。代わりに攻撃/防御強化をしっかり盛ればOK。

ステータスバフは3ターン目あたりで解除くらいますが、ある方がこちらの火力を伸ばせて良いです。

注意すべき状態異常は暗闇くらいですが、これは無視しても余裕で勝てます。

パーティ編成

このバトルは素早く決着を付けるのが1番楽なので、アタッカー2人、バッファー2人、ODゲージアップ役1人の編成で挑みました。

アタッカーのめがみと鬼八が毎ターンODを使える編成で、他3人もほぼゲージMAX状態です。

バッファーはホーク・レオン以外だとジョーやおたま使ってる人を多く見かけました。OD役はサイレンスが1番良さそうですが、私は持ってないのでプルミエールで代用しました。

アタッカーはこれ代替きくんですかね?鬼八はともかくめがみの代わりができそうなキャラか…。シフやポルカ使ってる人なら見かけました。

防具耐性は斬・打・突をメインに盛り、余裕があれば熱も盛っておくと良いかと。

SSプルミエール【アニマを捕まえて】

1ターン目に技2(キューティハート)を使っておくことで良い感じにカウンター発動してくれます。

後はずっと技3撃って全員のODゲージを稼ぎます。OD追撃に防御弱化が付いてくるのもありがたポイント。

最近のスタイルでODゲージアップができるのがこの子しかいなかったので採用しましたが予想以上の活躍を見せてくれました。

SSホーク【お宝はどこだ?】

可能なら技2(海賊の号令)は2ターン目に使えるのが理想なんですけど、1ターン目の被ダメがエグいことになるので私は最初に使ってしまいました。リタマラが苦でないなら2ターン目に技2って感じ。

あとは技3を優先して使っていくだけです。

SS鬼八【無形の極意】

初期の冷属性verの鬼八です。サブアタッカーですが体力が低く倒れやすいのが難点。

ただ火力と防御弱化付与に関してはすごいので、さっさと勝負付けたいならめがみの次くらいには入れておきたいキャラです。

BP足りない時に冷弱点突けないと困るので、Sスタイルから「二冷刃」を継承しておくのがベター。技2は1ターン目に使っておきましょう。

SSめがみ【新年の願い事を】

「いなずま」を継承しておいて、1ターン目にODと一緒に使って追撃を貯めます。

あとは2ターン目以降ずっと技3をODで撃つだけです。BP足りない時は技1+ODでも可。

相変わらずとんでもない火力してます。

SSレオン【バレンヌ皇帝の務め】

恒例・いるだけで皆を強くする王様。この方いつまでスタメンの座に居てくれるんでしょうか。

いつも通り技3を撃ってればOKですが、全員の被ダメが大きい時は技2で回復。念の為回復術も継承しました。

トゥ・クアイ攻略のポイント

6ターン目以降は攻撃がほとんど通らなくなるので、5ターン以内にどうにかして倒します。

4ターン目あたりで全体的に痛いダメージをくらうので大変なんですが、めがみが生き残っていればほぼ突破できます。

鬼八はここで倒れる確率まあまあ高めですが、それまでに攻撃をガッツリ叩き込めていれば倒れても問題ありません。

4ターン目に限ってはお祈り要素強めと言えますが、2人のHPに常に気を配っていればまぁなんとか(ならない場合もありますけど)。

3ターン目で強化解除を使われるのでめがみ鬼八の火力が落ちてしまいますが、4ターン目のODでホークが先制してバフ付与してくれればラッキーということで。ただバフ無くてもなんとかなります。

5ターンクリア。討伐ロマンシングなら4ターン狙えると思います

まとめた

討伐ロマンシングとフリクエ、どちらもクリアしていますがやはりフリクエの方が強かったです。1ターン長く時間かかります。

てかフリクエの方強くする意味あんま無くね?と思うのは私だけでしょうか。報酬量の差かな?

こういう短期決戦型の戦い方は好きなので、やはり火力スタイルは定期的に揃えていこうと思う今日この頃です。