カムラナートはBT無しでも使えるのか検証【DFFOO】

どうも、あおやんです〜。

11/15からBTとFR武器が実装され、キャラクター調整も入ってめちゃくちゃ強くなったカムラナート。多くのオペオムプレイヤーの間では壊れ性能であるともっぱらの評判です。

私もたまたま無料ガチャでFRを引けたんですが、カムラナートにそれほど愛着が無いのでBT取ろうという気にまでならないんですねw

そこで、「BT無しのカムラナート」でもある程度活躍してくれるのかどうかをちょっと検証してみました。「カムラ適当に育てても使えるん?」と疑問に思っている方は参考にしてみてください。

スポンサーリンク

適当に育てたカムラナートはこんな感じ

BT無し未完全体カムラナート

防具は素材足りなさすぎてハイガ防具未真化の状態です。さらにこの後装着予定のアルテマウェポンも無凸。

インフレ激しいゲームなのはわかってますし、完全体作ったところで人権でいられるのはせいぜい数ヶ月くらいだろうし、何よりカムラにそこまで愛着が無いw

…という訳で、数に余裕のある素材だけを使って育成してみました。パワーピースとガードメダルの枯渇が激しすぎるので、ここら辺の配布もうちょい増やしてくれたら嬉しいんだけどなぁ。

カムラナートの性能について

カムラナートは氷属性のデバッファーで、相手の物理及び魔法攻撃力を下げられるほか、マヒを確定で入れられるのが強みです。

今回実装されたFRアビリティのフォースゲージも、氷属性攻撃を当てるか行動制限デバフがかかった敵を攻撃するかがゲージ増加条件。カムラの性能にきっちり噛み合っているのでゲージは増やしやすいと思います。

最大まで限界突破したら上記パッシブが付きます

さらにカムラナートは味方全員の与えるHPおよびBRVダメージを引き上げるバフも持っていて、完全なサポーターには劣るもののそこそこのサポート力も期待できます。

できることが多いキャラなので、氷属性とデバフが効くステージであればどこでも連れていけるでしょう。

ちなみに今回のカムラナートの何がヤバいかと言いますと、開幕からフォースゲージを爆速で溜められるのと、フォースタイム中の吹き飛ばしによる仲間の氷属性攻撃でもダメージボーナスが加算される点。

上記を実際に試しつつ、BT無しカムラナートがどれほどの性能なのかを次の項目でみていきましょう。

BT無しカムラナート、出陣

それでは、実際に難易度シンリュウのクエストでBT無しカムラナートの使用感を見ていきたいと思います。

パーティはこの3人です。

カムラ・カイン・セルフィ

カムラナート活用のコツを一言で言うと「マヒと吹き飛ばしデバフを付与した状態でBTモードに入る」ことなので、吹き飛ばし付与要員としてセルフィを採用。

そしてBT無しカムラナートの代わりにBTを使うキャラを編成する必要があります。フォースゲージの溜めやすさ等を考慮して、今回はBT有りカインを採用。

カインも完全体では無い中途半端な育成具合です。フォース育成も素材がないので10まで。この状態でどれだけ戦えるのかを試してみたいところ。

BT無しだと意外と条件を満たしづらい

クエストはクルル交錯のシンリュウで試してみました。マヒと吹き飛ばしを付与した状態でBTに入るのが意外と難しいというか、面倒だった印象です。

フォースゲージがフルになった段階でマヒとレビテガを付与するまでは良いのですが、そこからカインのBTが回ってくるまでに敵が行動するのでマヒが消えますw

カムラがマヒをかけ直すのにもまたターン数がかかるので、なかなかにグダグダしてしまう攻略でした。個人的にはBT無しカムラナートよりは、完全体クルルの方が使いやすかったですね。クルルであれば余計な手順が要らないので。(希望の光連打でダメージボーナスが増える為)

HPダメージボーナスはここまで伸びました

BTスコアは約1700万ほど行きましたが、キャラを完全体にしていないのでおそらくまだまだ伸ばせます。さらにカインとセルフィに氷属性エンチャントを付けていればもっとダメージボーナスが伸びただろうなと思います。

まとめ

BT無しカムラナートは完凸FRがあることと、フォース育成MAX、後はそれなりに鍛えておいたらちゃんと使えます。

ただ、実際にやってみるとダメージボーナス条件を満たした状態でカインBTモードに入るのがなかなか苦戦したので、やっぱりカムラナート使うんであれば自前BTある方が楽ですね。

BT無しのカムラナートを育てようか迷っている方は、とりあえず保留にしておくという選択肢もアリだと思います。FR環境はまだまだこれからなので、カムラよりさらに使い勝手の良いキャラが今後出てくる可能性は高いです。

《記事内画像引用元:SQUARE ENIX「ディシディア ファイナルファンタジー オペラオムニア」》