大人になったあなたにおすすめしたいRPG7選

どうも、あおやんです〜。

主婦である私の本業は家事・育児であり、空いた時間を使って趣味のゲームやブログ運営をしています。とにかくゲームが好きなので、子供が産まれてからも関係なくゲームは楽しんでいます。(今はスマホゲーする余裕しかありませんが)

RPG好き歴約25年以上を経て、RPGにはそれなりに触れてきたつもりです。今回は大人になった今もう一度触れてみてほしいRPGをピックアップしてみました。ちょっと懐かしい気分に浸りたい大人ゲーマーの皆様は参考にどうぞ。

スポンサーリンク

ポポロクロイス物語シリーズ

「涙がポポロ」のキャッチフレーズでお馴染みのポポロクロイス物語。私は2が好きですが、子育て世代のパパママにおすすめするなら1です。

理由としてはとにかくストーリーが親世代に刺さりすぎるという点。主人公のピエトロ王子は10歳の幼い王子様なんですが、女王であるお母さんを助ける為に仲間達と協力しながら氷の魔王を倒す為に冒険します。

道中も仲間達との掛け合いとか微笑ましいシーン満載なんですが、終盤〜ラスボス戦後のストーリー展開はまさに涙がポポロ。世のお母さん達は号泣間違いなし。あとバトルがなかなか辛いのでそこもまたヌルゲーに飽きた大人向けと言えます。

幻想水滸伝シリーズ

なんとか続編作って頂けないかと願い続けてるRPGシリーズ1位ですw人気が高いのは1・2で、私も2は好きなのですが、大人になった今おすすめしたいのは圧倒的に3と5ですね。

まず3ですが、3人の主人公ヒューゴ・クリス・ゲドを順番に切り替えながらストーリーを進めていくというシステムです。

一見面倒ですけどそれぞれのキャラの視点からストーリーを追えるので、ヒューゴ編ではわからなかった事がクリス編やゲド編でわかったりします。

それぞれのストーリーで織りなす様々な人間模様が、終盤にまとまっていく流れが綺麗です。ヒューゴとクリスの和解後の関係とか今でも好きですね。主人公がおじさんかつ渋めのストーリー展開のゲド編も大人にピッタリです。

次に5なんですけど、こちらは家族の絆がテーマですね。主人公一家の物語が話を進めれば進めるほど泣けます。

また幻水シリーズは大体そうなんですが国同士の政治の話なので、その土地のリーダーが家族や身近な人と揉めたり助け合ったりしつつ、国の問題を解決していくといったくだりが多いです。

主人公の叔母サイアリーズが物語の後半にある大きな選択をするのですが、これもまた大人になった今プレイするといろいろと考えさせられますよ。(ちょっとネタバレ)

聖剣伝説 LEGEND OF MANA

最近リマスター版もリリースされてアニメ化も決まったらしく、まさに再フィーバー目前である聖剣LOM。このゲームは台詞回しが非常に知的・哲学的・魅力的で、大人になってからプレイして初めて気付かされることが多いです。

「賢人」というその世界の賢者ポジであるキャラが6人ほど登場するのですが、彼らの教えがまさに人生哲学。彼らのちょっとした言葉ひとつで、小さな悩み事くらいなら吹き飛ばせる程のパワーを持ちます。

他にも3つのメインストーリーである「珠魅編」は種族愛、「エスカデ編」は恋愛、「ドラゴンキラー編」は家族愛など、様々な「愛」をテーマに物語が繰り広げられます。優しいほのぼのとした世界観のRPGなので癒しがほしい方はぜひ。

サガフロンティア2

ギュスターヴとウィルという2人の主人公を中心に、彼らを取り巻くキャラ達の視点で物語を勧めていくRPGです。イメージとしては数十年ぶんの年表を追いかけていくようなゲームなので、話を進めるにつれ操作できるキャラがころころと変わっていきます。

ギュスターヴの方は「政治」がテーマのようで、祖国を追われた王子ギュスターヴや彼を取り巻くキャラの視点から、国同士の政治模様を垣間見ることができるといった内容です。

ウィルの方は宿敵エッグとの戦いに人生を捧げた冒険者(ディガー)の物語であり、政治色はほぼ無くより王道RPGっぽい内容となっています。世代交代制になっており、途中から息子→孫と操作キャラが変わっていきます。

サガフロ2、というかサガシリーズは基本的にテキストが淡白なことで有名で、だからこそ心に沁みる言葉が多いです。台詞の多いRPGに疲れた人にもおすすめ。

ドラゴンクエスト5

説明するまでもない国民的RPGの5作目。ロトシリーズとかではなく5をおすすめする理由としては、やはり主人公の「人生」を追っていく壮大なストーリーです。

主人公の幼少期からストーリーが始まって、少年期〜青年期までが語られるんですけど、その中でも結婚や子供の誕生、家族での冒険、さらに親世代の物語など、テーマがとにかく「家族」。大きくなって所帯を持った人達なら、子供の頃にプレイした時とはまた違った発見があるのではないでしょうか。

私は主人公・嫁・子供2人の家族水入らずパーティでクリアしました。モンスターの方がぶっちゃけ強いんですけど、家族パでもクリアできる難易度なので関係なしw

テイルズオブデスティニー2

前作やってる方がより楽しめますが、未プレイでも全然話に付いていけます。前作のスタンとルーティの息子カイルが主人公で、カイルの天然かつ無鉄砲なキャラは息子がいる親御さんには受けそうですw

ストーリーの所々で、スタンやルーティのカイルに対する親子愛が感じられるので、大人になった今プレイすると親世代としてはジーンときます。

またTOD2はPS2RPGの中ではバトルが面白いと評判です。周回要素もあるので長く楽しめます。バルバトスなど敵役のキャラが濃いのも魅力的。

ファイナルファンタジー9

推しゲーなのでここぞとばかりに紹介させてもらいますwFFと言えば7や10が有名で人気も高いですが、「命」をテーマとしたこの9の物語も、他ナンバリングに負けず劣らず傑作と言って良い内容です。

大人になった今心にくるのがメインキャラクターの1人であるビビの境遇です。ビビは黒魔道士人形に魂を吹き込まれてできた存在で、近いうちに「止まって」しまうという現実。それを知ったビビが自分の人生を懸命に生きる姿に心打たれます。

ビビだけでなくこの作品のキャラは何かと悩みを抱えているんですが、それを自分なりに解決し、成長していく姿も見所です。この作品の登場人物と同じく、人生に悩んでいる人なら話に感情移入しやすいはず。

なんとこの度海外でアニメ化が決まったとのことなので、いつかは日本でも放送してくれるかなと期待しています。

まとめ

まあガチのRPG好きからしたら、いくつになってもRPGは楽しいものですw

ただやっぱり今もう一度プレイして、ストーリーをかみしめたいと思えるRPGは何かと考えたら、上記の7タイトルが浮かびました。

Switchやスマホ等、最近のハードでもプレイしやすいのは聖剣LOMとFF9、ドラクエ5くらいでしょうか。個人的にはサガフロ2のリマスター化(リメイクでも可)を切に待ち望んでいます。

ソシャゲ等最近のゲームも面白いものが多いですが、時にはちょっと昔のゲームに触れてみるのも良いものです。30〜40代くらいの方なら、きっと心に優しく刺さるはず。