FFRKを気長に続けるコツ。わざわざ引退する必要はない!

どうも、あおやんです。

2014年9月からサービスが始まり、今年でなんと7周年を迎えたFFRK。しかし老舗ソシャゲの宿命なのか、最近どうも続けるモチベーションを保てないというユーザーさんもいらっしゃいます。

「最近全然やってないし、アンインストールしようかな」

「ミスリル全然貯まらない!敵が強すぎ!もう嫌だ!」

……みたいな理由で引退しちゃう方、残念ながら多いんですよね。

けれど、私はわざわざ引退までする必要はないと思います。あくまでサブとして楽しみつつ、休憩しながら細々と続けていけば良いのではないかと。

今記事ではFFRKを引退したくなる原因とその対策についてお話していきたいと思います。FFRK引退を考えている方は、一度目を通して頂けますと幸いです。

スポンサーリンク

FFRKを引退したくなる原因

まずは、なぜそもそもFFRKを引退したいと思うようになるのか?その原因はだいたい以下のようなものではないでしょうか。

ミスリル配布が少ない

他のスマホゲーも同時進行でプレイしているなら身に染みて実感するところなんですけど、FFRKはガチャを引く為に必要なミスリル(課金アイテム)の配布が比較的少なめです。

重課金者ならともかく無課金or微課金プレイヤーであれば、少ないミスリルをどう節約しつつガチャを引いていくかで悩みます。

また10連ガチャ1回に必要なミスリルも50個と多め。新規実装のガチャなんてよほど欲しいキャラでもないと引けないよ!って思いますよね。

高難度の敵が強すぎる

ラビリンスダンジョンの最高難易度

FFRKの現状最高難度と言えるのが「ラビリンスダンジョン」「カルディアダンジョン/覇龍」などに実装される難易度650です。

追記:最近実装されたクリスタルダンジョンにて、最高難易度が700にアプデされました/(^o^)\

はっきり言って、覚醒やシンクロ覚醒といった強い必殺技を複数駆使できなければまず勝てません。レンズ交換で入手可能な必殺技のみでも、やり方次第で攻略は可能ですが、相当なプレイヤースキルを必要とします。

攻略に必要な武器ガチャを引く為のミスリルが無い、もしくは攻略できるほどのプレイヤースキルを持ち合わせていない…といった理由で、泣く泣く引退してしまうプレイヤーも多いです。

キャラ育成が面倒

高難度クエストを攻略していく為には、シリーズ・属性別に何人かキャラクターを育てていく必要が出てきます。

育てると言ってもそんな簡単なものではありません。レベル上げ・結晶水・レコードダイブ・装備強化等、育成要素が非常に多いです。

その育成の為の素材を手に入れるのが大変だったり、マギアクリスタルのように過度な周回が必要となる要素もあります。

こういった育成を属性・シリーズ別に最低5キャラは行わないといけないのですから、ライトユーザーの中にはキツくてついていけないという人も当然出てきます。

FFRKをノンストレスで続けるコツ

ライトユーザーには何かと厳しい仕様のFFRKですが、考え方・プレイの仕方次第ではノンストレスでゆるゆると続けることもできます。コツとしては以下のようなものですね。

簡単にこなせるイベントでミスリルを貯める

FFRKはだいたい週1〜2くらいのペースで新規もしくは復刻イベントが行われていて、1クエストクリアにつきミスリルが1つもらえます(例外あり)。

またログインボーナスや簡単なデイリーミッションでも毎日ミスリルがもらえるので、5〜10分だけでもいいので毎日コツコツ続けることで、ミスリルは確実に貯まっていくでしょう。

ミスリルを使うガチャを限定する

配布ミスリルに対して実装ガチャの種類が多いのもFFRKの特徴。ただ新規実装ガチャを毎回引いていたら当然ミスリルも足りなくなってくるので、引くガチャは自分ルールにのっとって決めておきましょう。

たとえばですが、新規実装ガチャは好きなキャラのガチャのみにしておいて、半額ガチャなど通常より少ないミスリルで引けるガチャを優先的に引き、戦力を補充していくのがおすすめです。

高難度の敵はできる範囲内で攻略

高難度クエストも700・650・580・550等、たくさんの難易度から選択して挑めます。無理してハイレベルのクエストに挑戦するのではなく、今の自分の戦力に合ったクエストをクリアするのみに留めておきましょう。

FFRKは数あるFFのソーシャルゲームの中でも難易度が高い方と言われています。クリアできない難易度があったとしてもそれが普通だと思って、長い年月をかけて攻略する心積もりでいるのがノンストレスで続けていくコツです。

キャラ育成は自分ルールを決めて行う

育成するのはお気に入りのキャラクターだけにする、レコードボードはここまでを開放するなど、育成に関する「自分ルール」をあらかじめ設けておくのがおすすめ。

たとえばですが、以下の育成項目さえこなしていれば難易度500〜550あたりまでなら経験上クリア可能です。

  • レベル99にする
  • 結晶水は必要なパラメータのみMAXでOK
  • 必殺技は超絶〜覚醒まででもOK
  • レコードダイブはレコードボード序盤くらいまででもOK
  • 武器はアタッカーの神器があればOK

マギアクリスタル育成用の「マギアEXP」を稼ぐのが大変ですが、こちらはレコードボード開放序盤で400EXP入手できるので、これを活用するだけでも高難度クエストに対抗する為の戦力になります。

スタイナーのレコードダイブ

こんな感じのレコードボードでも十分に活躍してくれます。

まとめ

なぜ今回の記事を書こうと思ったのか、そのきっかけはやはりFFRKの人気が全盛期に比べて落ちてきていることに危機感を抱いているからですね。Twitterで検索かけようとしてサジェストで「引退」とか出てこないだけまだマシですが…。

管理人もサービス当初からFFRKをプレイしていますが、その間に数年お休みすることもありました。ですが今でも細々とプレイは続けていて、新しいイベントやガチャもそれなりに楽しめています。

何より好きなキャラの新装備ガチャが出たり、新しいクエストに大好きなFF9パーティで挑戦したりするのが楽しいので、ここまで続けてこれて良かったと感じています。

自分なりに楽しみ方を見いだしてプレイできるのもゲームの醍醐味というもの。今もなお新システムを続々と実装しているのも今後に期待できますね。

引退しようかな、なんて悩んでいる方はもう少し様子を見てはいかがでしょうか。

《記事内画像引用元:SQUARE ENIX「FINAL FANTASY Record Keeper」》